忍者ブログ
2月10日に設置。自分の言いたいことを思いのまま綴る。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Ⅰ:はじめに

 小稿において、田原総一郎という極左、いわゆる進歩的知識人の妄言を取り上げるものとする。
 田原総一郎は、岩波書店の遺伝子を象徴する、生粋の極左である。開放同和の圧力に屈して、狂牛病騒ぎの時に、泣きながら畜産農家や食肉業者に謝罪する、醜態をさらした、新手のお笑い芸人でもある。その点では、筑紫哲也と同類といってよい。
 また、朝日がらみのものでは、かならず出現する。その多くが、フェミ賞賛発言や拉致否定発言、皇室侮蔑発言が飛び出す番組である。
 そして、今回も深夜番組で、田原はまたもや本性をさらけ出した。しかも、放送法に抵触するコメンテーター構成を行った。さらに悪いことに、保守系の意見は、言わせないよう遮る、という悪質な行動をとった。


Ⅱ:番組での愚行


 田原が今回出演したのは、朝日放送の『朝まで生テレビ』の、「女が日本を変える」という、フェミ絶賛番組であった。この番組の中で、やたらフェミ連中を持ち上げつつ、拉致侮蔑発言、皇室不敬発言を連呼し、フェミの機嫌取りに終始していた。これが、田原総一郎という、「戦後民主主義」なる歪んだ社会における寵児の正体である。



 1.番組の様相
 
 番組の司会進行自体、最悪な雰囲気の中で進められた。やたら、「女の時代」を強調し、男が加害者、女が被害者という構図が形成されていた。女の司会自体、仕事と育児両方やりたかったが、男の上司のせいであきらめた、かのような印象操作を行っていた。


 2.番組の流れ

 番組の流れは、まずは「日本を駄目にした男」を取り上げ、次第に格差社会、拉致、皇室へと話のまとまりがつかない状況になっていく。その中で、田原はやたら「男が悪い」ばかりを連呼し、フェミの機嫌取りに終始していた。まさに、姑息という文字が、背広を着て歩いているような、筑紫同様、老醜そのものを端的にあらわしたような光景であった。


 1)話の状況
 
 話を聞き取ること自体困難だった。小生は、産業病の影響で、少々難聴気味である。その小生をして、「五月蝿い」と感じさせる、騒音そのものの状況であった。事実、音声ボリュームを5にしていたが、二階に同居する弟から、苦情がきた程だ。しかも、話の内容まで丸々聞こえるほどだったそうだ。弟の感想は、「フェミ=馬鹿・常識なし・恥知らず」というものだった。



 2)一応の流れ

 わかりにくいと思われるので、最初の一時間で話されていた内容をアップしようと思う。紙に書くだけでも苦労したが、話の腰を折るようにフェミが噛み付くように、大声で発言をするものであったため、気が狂いそうになった。昨晩アップする予定にしていたが、フェミの下品さに辟易して、その気は失せてしまった。

 

<日本をダメにした男>を各々挙げる

片山さつき (自民党・衆議院議員、党広報局長)
  ・・・ 一番古いマスコミ(最も男社会)
古屋範子 (公明党・衆議院議員、党政調副会長)
  ・・・ 男性国会議員(一部を除く)
小宮山洋子 (民主党・衆議院議員、党男女共同参画担当大臣代理)
  ・・・ 竹中平蔵 個人的にはいい人だと思うが、政治は弱い人のほうを向かなければならない
福島みずほ (社民党・参議院議員、党首)
  ・・・ 小泉・安倍内閣
  貧困の再生産を生む制度、教育費の個人負担大きい
雨宮処凛 (作家)
  ・・・ 小泉純一郎
  格差社会:フリーターの取材をしているが、20~30代の希望・未来がない  

片山「生活保護受給伸びは鈍化している」
福島「減らしているから」
アレズ・ファクレジャハニ (東京外大大学院研究生、イラン)
  ・・・ なし
  日本には良いところも悪いところもあるし、男を攻撃対象にする企画自体がナンセンス
大高未貴 (ジャーナリスト)
  ・・・ 河野洋平(あえて挙げるなら)
  河野談話:検証なしに従軍慰安婦への政府関与を認めた
荻原博子 (経済ジャーナリスト)
  ・・・ 竹中平蔵
 企業の方ばかり見て、強者をますます強く弱者をますます弱くした。


  片山「日本の労働分配率は未だ高い方である」
  福島「下がり続け、かつ格差は広がっている」


小沢遼子 (評論家)
  ・・・ 名指しできる程度の数なら苦労はない
  皇室の女性が元気がない。役割を果たすべき人に果たさせず、湿っぽい。
  女の足を引っ張る奴はそこいらじゅうに居る。
櫛渕万里 (NPOピースボート共同代表)
  ・・・ 田原総一郎
  普段の朝生で女性参加が少なすぎる。
  田原が「辻元は学生の頃から育てようと決めていた」 
坪谷郁子 (東京インターナショナルスクール代表)
  ・・・ ダグラス・マッカーサー
  本来与えられるものではない民主主義が急激に植えつけれた弊害=損得勘

遙洋子 (タレント・作家)
  ・・・・ (イメージとしての)父親 権威と幻想
  一番体現しているのは田原。家族は女性ばかりなのに学習能力がないところが柳沢と通じる。



田原「何故、男が権力を握り続けているか」
遥「最初に握りやすいところにいたから」
田原「例えば、和歌山の毒カレー容疑者(林真澄)は殆ど根拠なくでっちあげ
られているのに、なぜ女性から反対運動しないのか」
遥「ウーマンリブで女性が叫ぶ時代から、叫んでも何も変わらない失望の時代
になっている」
福島「報道されないところで運動は起きている。裾野が広がっている。」
坪谷「日本の格差は大したことない。」
田原「格差の問題は男も女も同じ」
萩原「雇用均等法ができ、ある大手企業で4名の女性が選抜され総合職になっ
たが、二人は自殺、一人はノイローゼ、もう一人は酒乱になった。これを後続
女性社員が見て、総合職になりたくないと思っている。」
大高「大半の日本人は米国型の経済の仕組みを受け入れないから、そんなに格
差社会が進むとは思わない。」
片山「底上げ政策を進めている。最低賃金の底上げ、下請けイジメ解消等。」
福島「労働法制(派遣など)を強化すべき」
田原「景気の悪い時に、リストラによる格差拡大を容認したのだから、当たり
前の結果だ。」
雨宮「正社員を採用するように企業に圧力をかけるべき」
遥「格差があるからこそ、結婚すらできない、生活費すら稼げない」
田原「少子化の責任は男にあるのか、女にあるのか」




 3)皇室不敬発言

 田原は、「天皇は、人間宣言したから、どうでもいい存在だ」と発言する。フェミニストは、大体「皇室は家父長的」「男女不平等の根源」「男の路線」「菊のカーテン」「女を皇位に就ければ、日本の男女不平等が解消する」という始末であった。その中で、大高女史は、こういった皇室解体論者の主張に対し、真っ向から反論しだしたが、田原が遮り、小沢や福島、櫛渕が呼応して大声で罵る場面になった。
 櫛渕は、「天皇制打倒」というと、小沢や福島はニコニコ顔になり、田原は「そのとおり」という。おまけに、小宮山は、皇室の方々を呼び捨てしていた。
 それでいて、小宮山と小沢は「皇室は自由にものが言えないので、気の毒だ。姓を認めるべき」とシャアシャアと、ノタマウ始末であった。とても、正視できるような内容ではなかった。その分、未だに怒りがこみ上げてくる。
 ただ、フェミでありながら、片山は、「皇室の尊厳を保て」と田原と福島を睨み付けたこともあり、歯止めがかかり、ようやく沈静化する。



 4)拉致侮蔑発言

 田原や福島、櫛渕の真骨頂は、ここからであった。田原は、「拉致被害者は2人だけで我慢すればよかった。日本政府が2人では国民の怒りが収まらなくなるといったので、駄目になった」「拉致というアドバルーンを収めれなくなった」「日本は、拉致にこだわったせいで、国際的に孤立した」といいだす。その発言に、福島は「そのとおり」という。櫛渕は「拉致は解決済み」と北朝鮮の代弁人らしい発言を繰り返す。これには、片山と大高が噛み付き出すも、またもや田原が遮る。



 5)トンデモ発言集

 田原は、「男は子供をつくるのをやめる」といいだした。これにフェミが噛みつきだし、「男は精子を撒き散らす機械だ」「男は子供を生まないから、差別してもいい」とフェミらしい発言をする。フェミの元祖である小沢は、「農家に嫁に行かない、商店に嫁に行かない、子供を生まないことで、女の抵抗運動が意味を持つ」と、初期ウーマンリブの男敵視思想を披露する。
 さすがの福島も、「昔の運動は特殊な人間がいた」というも、小沢に怒鳴られ、縮み上がっていた。福島自体、婚姻届にサインせず、育児放棄をしていたといわれている。大学に6年在学し、それから7年かけて弁護士に合格しているような、お粗末な脳味噌をしているだけはある。さすが、「子供を埋めたい」と失言をするだけはある。
 フェミにとって、「子供を2人以上持つのが健全」という発言のほうが許せないらしい。「女に頑張れ」という感じにしか聞こえないようだ。「女は楽して過ごし、男を絞り上げるものだ」とイラン人女はいっていたが、ムハンマドの教えを冒涜するものでないだろうか?


 6)全体の感想

 全体の感想として、データを公表しながら説明をし、理詰めでいく片山に対し、福島や小宮山、遙、雨宮は感情や言いがかり、自分の周りの話を持ってきたりしていた。勿論、福島の不勉強さ、小宮山の脳内調査報告は、田原にまで論破させるほどのお粗末振りであった。
 小宮山は、NHKでは北朝鮮派に属し、韓国の水曜集会に大使館の公用車で参加した人物である。しかも、バウネットの松井やをりの茶番裁判に尽力した国賊でもある。当然アジア女性基金なる団体にも属しているようだ。その会は、その資金をもって、女性専用車両導入の運動資金を捻出した(?)とも言われている。最近、その基金は、乱脈融資がすっぱ抜かれている。しかし、その会の理事、村山は相当面の皮が厚いのか、未だに平然としている。
 


Ⅲ.おわりに

 また、今回の番組に参加したフェミニストの多くが、DV法、男女共同参画法を策定した、大愚の象徴である。国家公務員は、憲法遵守規定があるにもかかわらず、41条違反を犯したものを可決させたのである。
 このような横暴を阻止するには、国家賠償法1,2,6条に基づき、集団訴訟をおこす以外、方法はない。
 加えて、今回田原は、深夜番組でフェミニスト11人と、保守系論客1人というほう放送法違反を堂々とやってのけた。BROへの抗議を行い、今後のテレビ朝日への圧力として、実行に移す必要性がある。特に、小沢の農家・商店主侮蔑発言、「精子撒き散らす機械」「天皇制打倒」、拉致侮蔑発言を、強くBROに通報し、田原を追い詰める必要がある。
また、これはフェミニストの暴走を阻止するためでもある。BROへは、「男差別発言で傷ついたので、朝日放送には訂正を要求するべきだ」と強く要請すべきである。今のところ、抗議したのは小生だけのようである。
 放送局は、BROに寄せられた抗議には、怯えるようである。事実、餅モチラーメンの宣伝で、女の子が男の子を殴る場面があったので、強く抗議した翌日、その宣伝がなくなった経緯がある。省庁や、NHK、民放、大手企業が男性差別を平然と行っている現状では、BRO以外対処方法はない。あとは、人権擁護委員会に通報するぐらいである。


Ⅳ.追記

今回の番組について、大高女史の発言が載っていた。それをアップしておこうと思う。

***********************************************************

最大の悔いは番組の最後で行われた皇室典範改正に関する女帝問題についてだ。言いたいことが山ほどあったのに、あまりのショックに頭の中が真っ白、言葉を失うとはまさにこのことだ。何にショックを受けたのかといえば、「男女平等、愛子様が女帝になればいい」「天皇は人間宣言したんだから」といった発言が出演者の中から次々と飛び出し、「雅子様も可愛そうよね。開かれた皇室にして雅子さんも自由にすべきよ」と盛り上がりを見せたことだ。
 ”雅子さん?!冗談じゃない!”私の頭は真っ白になった。日本人が宝物のように大事に敬ってきた皇室の妃殿下に対して、庶民のセンチメンタルな感覚での同情は大変失礼にあたるものだ。一見、同情的な発言の中に、皇室を庶民の中にひきずり降ろそうとする、巧妙な皇室解体の意図を感じ背筋が寒くなって心の底から哀しみがこみあげてきた。
 日本人がこういった感覚に慣れ親しんでしまったマスコミの責任は重い。皇室に”様”といった呼び名を定着させてしまったからだ。報道関係者はきちんと美智子皇后陛下、雅子妃殿下、愛子内親王とお呼びするべきだ。
 それにある出演者が、英王室と比較していたが、これも比較対照にはならない。欧州の王室は権力と富の象徴であり、日本の皇室は祭祀の頂点だ。庶民の目から見えないところで、連綿とした長い歴史の中で皇室の方は、日本のみならず世界平和を祈願されてきたのだ。 戦後、こういった想いを素直に述べるとすぐに”右翼”とレッテルを貼られてしまうようになってしまったが、私の感情は理論を越えた内から湧き上がるものなので否定しようがない。ここでフランスを代表する文学者であり外交官で日本にも大使として赴任経験もあるるポール・クロデールの言葉を紹介したい。『私がどうしても滅びてほしくない一つの民族がある。それは日本人だ。あれほど古い文明をそのままに今に伝えている民族は他にない。日本の近代における発展、それは大変めざましいけれども、私にとっては不思議ではない。日本は太古から文明を積み重ねてきたからこそ、明治になって急に欧米の文化を輸入しても発展したのだ。どの民族もこれだけの急な発展をするだけの資格はない。しかし日本にはその資格がある。古くから文明を積み上げてきたからこそ資格があるのだ。 彼らは貧しい。しかし高貴である。』

***********************************************************
PR


1.はじめに

 総連が、未だに北の金豚に忠誠を誓い、明日明後日と帝都において「読書会」なる妄言集会を行うようである。それについて、都庁は即座に使用取消をしたが、総連シンパの似非弁護士の暴動により、裁判所が差し止めを行った。
 そもそも、裁判官は、法の正義を守るのが本来任務である。しかし、どの裁判官もパチンコ・サラ金・風俗利権に汚染され、法の正義などどこ吹く風である。ましてや総連の暴徒の場合、プロ市民やフェミを総動員してのFAX攻撃や「人間の鎖」を行い、マスコミへの情報操作を行っている。また、金に目ざとく、国民の苦しみを屁とも思わない政治家が、総連から政治資金を受け取る破廉恥ぶりをさらしている。民主・社民のみならず、全政党にそのような売国奴が蠢いている。まともな政治家は、一体その程度いるのだろうか。精々、河野洋平の「売国談話」を廃絶しようとする議員連盟の所属する連中ぐらいなものだろう。



2.電凸


 今日は、仕事がきわめて暇であったため、電凸を行った。都庁と首相官邸に昼間ぐらいにかけてみた。前者は、苦渋に満ちた声で、ただ申し訳なさそうに語った。あまりにも気の毒だったので、激励と労いの言葉をかけるほかなかった。
 その一方、官邸の職員は、横柄そのものだった。しかも、法律のみならず、総連の危険性はおろか、言葉遣いが全くなっていなかった。小生のしゃべり方が、山育ちという点で粗野な所為もあったが、あまりにも尊大な態度であった。まさに税金泥棒というべき、唾を吐きかけるべき存在だ。


 1)都庁

小生:「もしもし、明日の朝鮮総連の反日デモについて伺いたいのですが」
都庁:「はい、実は最高裁にも特別抗告していますが、どうにもなりませんでした。ただただ、皆様にはおわびもうしあげるしかございません。知事が3時に記者会見する予定になっております。」
小生:「そうでしたか。それはさぞ無念なことでしょう。では、知事に自衛隊出動を要請するよう、お伝え願いないでしょうか」
都庁:「はい、それも考えたのですが、司法の判断には私どもとしても、反抗できないものですから、実に口惜しい限りです」
小生:「そうですか。皆様は最善を尽くされたので、謝られる必要はございません。なんとか、首相官邸に掛け合ってみます」
都庁:「はい、どうも有難うございます。ですが、あまり無理をなされないよう、お願いします」
   「実は、昨日から○○(小生の実名)様のように、電話されるかたが多く、すでに1000件以上になってい   
    ます。ほとんど激励の言葉ばかりです。身に余る光栄ですが、私どもの力のなさを嘆くばかりです」
小生:「そうでしたか。皆様は、総連の横暴を目の当たりにされていますので、お気持ちは痛いほど感じます
    今後は、我らにお任せください」
都庁:「はい、有難うございました。(泣いているのか、声がか細い)」



 2)首相官邸

小生:「もしもし、そこ官邸?」
交換:「はい、そうですが、どちら様で?(かなり恐る恐るのしゃべり方。小生が「常連」であるためである)」
小生:「□□の○○だ。首相はいるのか?」
交換:「はい、どのようなご用件でしょうか?」
小生:「朝鮮総連の反日暴動の件で、大至急でつないでいただきたい」
交換:「はい、承知しました」
(1分以上待たされる)
職員:「はい、もしもし、どちらさま?」
小生:「あんた補佐官か秘書官?」
職員:「いえ、職員ですが、それが何か?」
小生:「じゃあ、首相に伝言を頼みたい。明日の不逞朝鮮人の集会について、都庁でどうにもならないから、首  
    相に自衛隊出動を要請するよう、お伝え願いたい」
職員:「そういうのは、官邸に手紙をだしてもらいえない?私どもで、読んで精査してから届けるから」
小生:「あのね、あんた馬鹿だね。(笑)あんたらがそんなことするから、国民の声が届かんのだよ」
職員:「あんたに、馬鹿よばわりされる筋合いはない!(バン!と机を叩く音が聞こえる)」
小生:「あのね、精査って言葉の意味知っている?」
職員:「(かなりどもりながら)知ってますよ・・・。精査は精査することですよ・・・。」
小生:「わかってないじゃん(笑い)。」
    「まあいいや、ところで、朝鮮総連って組織って知ってる?」
職員:「知ってますよ。総連のことでしょう!(かなりつっかかってくる様子)」
小生:「へー、じゃあ、どのような組織なのか、答えてみて」
職員:「いや、なんであんたに、私の意見をいわなきゃあいけないの?わかんない!」
小生:「わかってないじゃん。あんたいくら給料もらっているんだよ。そんな横柄な態度とって、高い給料でふん 
    ぞり返って、豚みたいに肥え太っているんだろう?我々は、年100万、200万の収入で生活しているん  
    だよ。それわかっている?」
職員:「わたしも同じですよ(かなり声が上ずっている)」
小生:「まあ、いいや、ちゃんと伝言伝えておいてね。ガキの遣いぐらいはできるんだろう?」
職員:「いや、なんでここにもってくるのかわからない。そういのは、警視庁にでももっていけば?
     大体、表現の自由なんだから、誰が何しようといいじゃないですか!」
小生:「おい、あんた。集会の自由と表現の自由の違い、わかってんのか?あと、行進の自由だって、表現の
    自由とも違うんだけどな。それ、わかっていってんの?」
職員:「それぐらい、知ってますよ!集会の自由と表現の自由、言葉が違うでしょう!」
小生:「わかってないじゃん。総連の連中は、角材や旗竿、火炎瓶もって集会にくるんだぞ。これが、東京で暴
    れてみろ。どんなことになるのか、わかっていってんの?」
職員:「それなら、すぐにでも機動隊が動きますよ!集会の自由と違うじゃあないですか!」
小生:「じゃあ、あとで自衛隊出動要請出すよう伝えてね」
職員:「必要ないでしょう」
小生:「そうかい、なんだな。首相も職員も雁首ならべて○○ぞろいだなw。日本終わったな」
職員:「そうですね。」
小生:「まあ、いいや、こちらは高みの見物決めさせてもらうよ。明日明後日なにかあったら、何が起こるかわか
    ってんの?」
職員:「はい、はい、はい。もうかけないでね。」
小生:「おい!こら!何かあったら、当然のように全国から官邸に、抗議電話殺到するんだぞ!「首相はなにやってん 
    だ!」っ てな。わかってんのか?TVや新聞が、また鬼の首とったみたいに報道するんだぞ?株価も暴落する
    ぞ?また、北の豚が高笑いするの、わかってのんのか?」
職員:「はい、はい、はい(ブチ)」



3.おわりに
 
 今の日本の法曹界、政界は既に死んでいる、といって過言でない。今日の官邸の職員のように、横柄なつ尊大な態度をとって、国民の声を廃棄し、『お上のお達し』を国民に「下知」さえればいい、と考えるだけの代物ばかりである。
 今後、我らは日本の行く末のため、常に官邸への意見具申を絶やさず、また国民の声に耳を傾けてくれそうな政治家に直接電話を入れるよう、賽の河原の石積みのように際限なくおこなうしかなさそうである。それ以外でやることとしては、新しい政治体制をつくるための法律策定や、思想涵養を行う以外ない。今の体制では、日本は滅んでしまう。維新回天を志向するほか、日本を不逞朝鮮人や不法在留外国人、それに呼応するかのような反日組織、反日政治屋・官僚・法曹界から、日本を救い出す方法はないのである。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/11 匿名]
[09/11 匿名]
[09/04 匿名]
[08/23 匿名]
[07/17 匿名]
プロフィール
HN:
OK野朗
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
グルメ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Blog pet