忍者ブログ
2月10日に設置。自分の言いたいことを思いのまま綴る。
[26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1.はじめに

 総連が、未だに北の金豚に忠誠を誓い、明日明後日と帝都において「読書会」なる妄言集会を行うようである。それについて、都庁は即座に使用取消をしたが、総連シンパの似非弁護士の暴動により、裁判所が差し止めを行った。
 そもそも、裁判官は、法の正義を守るのが本来任務である。しかし、どの裁判官もパチンコ・サラ金・風俗利権に汚染され、法の正義などどこ吹く風である。ましてや総連の暴徒の場合、プロ市民やフェミを総動員してのFAX攻撃や「人間の鎖」を行い、マスコミへの情報操作を行っている。また、金に目ざとく、国民の苦しみを屁とも思わない政治家が、総連から政治資金を受け取る破廉恥ぶりをさらしている。民主・社民のみならず、全政党にそのような売国奴が蠢いている。まともな政治家は、一体その程度いるのだろうか。精々、河野洋平の「売国談話」を廃絶しようとする議員連盟の所属する連中ぐらいなものだろう。



2.電凸


 今日は、仕事がきわめて暇であったため、電凸を行った。都庁と首相官邸に昼間ぐらいにかけてみた。前者は、苦渋に満ちた声で、ただ申し訳なさそうに語った。あまりにも気の毒だったので、激励と労いの言葉をかけるほかなかった。
 その一方、官邸の職員は、横柄そのものだった。しかも、法律のみならず、総連の危険性はおろか、言葉遣いが全くなっていなかった。小生のしゃべり方が、山育ちという点で粗野な所為もあったが、あまりにも尊大な態度であった。まさに税金泥棒というべき、唾を吐きかけるべき存在だ。


 1)都庁

小生:「もしもし、明日の朝鮮総連の反日デモについて伺いたいのですが」
都庁:「はい、実は最高裁にも特別抗告していますが、どうにもなりませんでした。ただただ、皆様にはおわびもうしあげるしかございません。知事が3時に記者会見する予定になっております。」
小生:「そうでしたか。それはさぞ無念なことでしょう。では、知事に自衛隊出動を要請するよう、お伝え願いないでしょうか」
都庁:「はい、それも考えたのですが、司法の判断には私どもとしても、反抗できないものですから、実に口惜しい限りです」
小生:「そうですか。皆様は最善を尽くされたので、謝られる必要はございません。なんとか、首相官邸に掛け合ってみます」
都庁:「はい、どうも有難うございます。ですが、あまり無理をなされないよう、お願いします」
   「実は、昨日から○○(小生の実名)様のように、電話されるかたが多く、すでに1000件以上になってい   
    ます。ほとんど激励の言葉ばかりです。身に余る光栄ですが、私どもの力のなさを嘆くばかりです」
小生:「そうでしたか。皆様は、総連の横暴を目の当たりにされていますので、お気持ちは痛いほど感じます
    今後は、我らにお任せください」
都庁:「はい、有難うございました。(泣いているのか、声がか細い)」



 2)首相官邸

小生:「もしもし、そこ官邸?」
交換:「はい、そうですが、どちら様で?(かなり恐る恐るのしゃべり方。小生が「常連」であるためである)」
小生:「□□の○○だ。首相はいるのか?」
交換:「はい、どのようなご用件でしょうか?」
小生:「朝鮮総連の反日暴動の件で、大至急でつないでいただきたい」
交換:「はい、承知しました」
(1分以上待たされる)
職員:「はい、もしもし、どちらさま?」
小生:「あんた補佐官か秘書官?」
職員:「いえ、職員ですが、それが何か?」
小生:「じゃあ、首相に伝言を頼みたい。明日の不逞朝鮮人の集会について、都庁でどうにもならないから、首  
    相に自衛隊出動を要請するよう、お伝え願いたい」
職員:「そういうのは、官邸に手紙をだしてもらいえない?私どもで、読んで精査してから届けるから」
小生:「あのね、あんた馬鹿だね。(笑)あんたらがそんなことするから、国民の声が届かんのだよ」
職員:「あんたに、馬鹿よばわりされる筋合いはない!(バン!と机を叩く音が聞こえる)」
小生:「あのね、精査って言葉の意味知っている?」
職員:「(かなりどもりながら)知ってますよ・・・。精査は精査することですよ・・・。」
小生:「わかってないじゃん(笑い)。」
    「まあいいや、ところで、朝鮮総連って組織って知ってる?」
職員:「知ってますよ。総連のことでしょう!(かなりつっかかってくる様子)」
小生:「へー、じゃあ、どのような組織なのか、答えてみて」
職員:「いや、なんであんたに、私の意見をいわなきゃあいけないの?わかんない!」
小生:「わかってないじゃん。あんたいくら給料もらっているんだよ。そんな横柄な態度とって、高い給料でふん 
    ぞり返って、豚みたいに肥え太っているんだろう?我々は、年100万、200万の収入で生活しているん  
    だよ。それわかっている?」
職員:「わたしも同じですよ(かなり声が上ずっている)」
小生:「まあ、いいや、ちゃんと伝言伝えておいてね。ガキの遣いぐらいはできるんだろう?」
職員:「いや、なんでここにもってくるのかわからない。そういのは、警視庁にでももっていけば?
     大体、表現の自由なんだから、誰が何しようといいじゃないですか!」
小生:「おい、あんた。集会の自由と表現の自由の違い、わかってんのか?あと、行進の自由だって、表現の
    自由とも違うんだけどな。それ、わかっていってんの?」
職員:「それぐらい、知ってますよ!集会の自由と表現の自由、言葉が違うでしょう!」
小生:「わかってないじゃん。総連の連中は、角材や旗竿、火炎瓶もって集会にくるんだぞ。これが、東京で暴
    れてみろ。どんなことになるのか、わかっていってんの?」
職員:「それなら、すぐにでも機動隊が動きますよ!集会の自由と違うじゃあないですか!」
小生:「じゃあ、あとで自衛隊出動要請出すよう伝えてね」
職員:「必要ないでしょう」
小生:「そうかい、なんだな。首相も職員も雁首ならべて○○ぞろいだなw。日本終わったな」
職員:「そうですね。」
小生:「まあ、いいや、こちらは高みの見物決めさせてもらうよ。明日明後日なにかあったら、何が起こるかわか
    ってんの?」
職員:「はい、はい、はい。もうかけないでね。」
小生:「おい!こら!何かあったら、当然のように全国から官邸に、抗議電話殺到するんだぞ!「首相はなにやってん 
    だ!」っ てな。わかってんのか?TVや新聞が、また鬼の首とったみたいに報道するんだぞ?株価も暴落する
    ぞ?また、北の豚が高笑いするの、わかってのんのか?」
職員:「はい、はい、はい(ブチ)」



3.おわりに
 
 今の日本の法曹界、政界は既に死んでいる、といって過言でない。今日の官邸の職員のように、横柄なつ尊大な態度をとって、国民の声を廃棄し、『お上のお達し』を国民に「下知」さえればいい、と考えるだけの代物ばかりである。
 今後、我らは日本の行く末のため、常に官邸への意見具申を絶やさず、また国民の声に耳を傾けてくれそうな政治家に直接電話を入れるよう、賽の河原の石積みのように際限なくおこなうしかなさそうである。それ以外でやることとしては、新しい政治体制をつくるための法律策定や、思想涵養を行う以外ない。今の体制では、日本は滅んでしまう。維新回天を志向するほか、日本を不逞朝鮮人や不法在留外国人、それに呼応するかのような反日組織、反日政治屋・官僚・法曹界から、日本を救い出す方法はないのである。
PR

コメント
こんばんは。
電凸、お疲れ様でした。都庁のほうはかなりの電話攻勢があったようですね。十年前なら考えられないことでしょう。こうなったら日比谷で鮮人共が何をやらかすかじっくりみてやろうじゃないですか。万一暴動にでもなったら、官邸にさらに抗議できますしね。
【2007/03/02 23:15】 NAME[めい] WEBLINK[] EDIT[]
無題
>めいさん。
ええ、そうですね。じっくりとお手並み拝見と行きましょう。なにかあれば、とことん噛み付きますよ。
【2007/03/02 23:22】 NAME[OK野朗] WEBLINK[URL] EDIT[]
無題
OK野朗さん、こんにちは。

電凸お疲れ様でした。
日弁連の人権派を称する弁護士。そん中で在日の犯罪性を危険視する者はいないんでしょうか。
【2007/03/03 10:21】 NAME[怒る小市民] WEBLINK[] EDIT[]
電突お疲れ様でした
お疲れさまでした。都庁が自衛隊の出動も考えたと言うのは結構意外でした。
あと日本の弁護士ですが、どうしてここまでエセ人権系デンパが多いかの根源は、やはり日本の大学の法学部辺りにあるのではないかと思いますね。デンパが教えりゃデンパが育つと。
【2007/03/03 10:37】 NAME[文太] WEBLINK[] EDIT[]
無題
>怒る小市民さん。
今のところ、オウムに殺されそうになった、滝本太郎弁護士ですかね。
>文太さん。
法学部でのテキストの中に、自虐的歴史観が含まれている本があります。確か、芦部とかなんとかいう、憲法学者の本です。これが、諸悪の根源でしょう。
【2007/03/03 13:23】 NAME[OK野朗] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
「プリンセス・マサコ」著者の妻は在日韓国人3世・金森マユ(ひとまず記事まとめ)
「プリンセス・マサコ」日本語版、講談社が中止 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/39619/ まずはよかったと言えましょう. さて,著者のオーストラリア人・ベン・ヒルズなる人物ですが ,妻は金森マユなる反日左翼日本人ジャーナリストです. 黒幕は案外この妻の方だったのでしょう. もうおわかりでしょうが,この本の目的はやはり皇室解体工作でした. 左翼による皇室解体工作には2つの類型があるようです. 1)雅子妃も皇室そのものも批判する形...
WEBLINK[URL] 【2007/03/03 00:27】
「あなたを忘れない」監督も在日!活発化する半島系発工作(2/18 20:30)
天皇皇后両陛下を不遜にもお招きした反日映画「あなたを忘れない」の監督も在日であることが判明しました! 「世の中を生暖かく見守るブログ」様で2007年2月18日付けで取り上げてくださっていました. 「反日映画「あなたを忘れない」の監督が在日だった件について」 http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/cat_50014982.html ↑上記リンク先からの孫リンク先はこちら↓ 民潭のサイトから >> 日韓合作映画「あなたを忘れない」の監督 花堂純次さん 20...
WEBLINK[URL] 【2007/03/03 00:28】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/11 匿名]
[09/11 匿名]
[09/04 匿名]
[08/23 匿名]
[07/17 匿名]
プロフィール
HN:
OK野朗
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
グルメ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Blog pet